過剰分泌されるニキビ

体温計を両手で持つ医者

ニキビは、思春期を過ぎたころから性腺刺激ホルモンが活発になり、皮脂の分泌量が増えることなどが原因で発症すると考えられている皮膚症状です。初めは小さなニキビが、放置すると化膿した大きなニキビに悪化することもあり、更に放置したり指でつぶしたりすると、ニキビ跡やクレーター状の跡が残ると考えられています。 ニキビ跡は、色素沈着用の赤茶色や紫色の症状で、皮膚科や美容外科などで効果的な治療を行っています。 クレーター状のニキビ跡は、完全に治すことが難しいと考えられていますが、近年、美容外科によるレーザーを用いた治療などでクレーターを目立たなくする治療が可能になってきており、ニキビ跡に悩む多くの方が、美容外科の施術でクレーターの症状が軽減している様子は、インターネット上の口コミでも話題となっています。

ニキビは、過剰に分泌される皮脂が原因となることがあるため、こまめな洗顔が推奨されています。皮脂で汚れた顔をそのままにしておくと、ほこりや雑菌が付着し、ニキビ悪化の原因となり得ることから、低刺激の洗顔料でこすらず洗顔することは、新しいニキビを防ぐのに有効と考えられています。 ニキビは、男性ホルモン様物質が関係して悪化するケースもあるとされているため、ホルモンバランスを崩さない生活スタイルを心がけることも、有効とされています。過度なストレスを避け、規則正しい生活や、栄養バランスの取れた食事をし、便秘を避けるなどの工夫をすることは、ニキビ治療に有効であると考えられているため、皮膚科などのクリニックでも推奨されています。