自宅でケアする

パックしている女性

ニキビが出来たことで、何が一番心配かといえば、ニキビ跡が出来てしまうことではないでしょうか。 ニキビは誰にでも出来るもので、小さな白いニキビが出来ることも多いですよね。 小さなニキビが出来た時でも、自分で潰してしまうと、肌細胞が傷つき、クレーターのような跡になってしまうことがあるので、注意してください。 大きく炎症してしまった場合には、必ず皮膚科に行くことをお勧めします。 ニキビ跡を作らない為には、ニキビを作らないことが大切です。 普段から、栄養バランスの整った食事を気を付けたり、スナック菓子など糖分の多いお菓子を控えることが大切です。 お酒やタバコは、体内のビタミンCを破壊してしまいますので、美肌には大敵です。

自分ではニキビを潰していなかったとしても、大きく炎症したニキビが治った後に、クレーターが出来てしまうこともあります。 このような場合には、自宅で十分な保湿を行いましょう。 肌に潤いがたっぷり含まれることで、クレーターは目立たなくなります。 元のような肌に治す為には、自宅のスキンケアでの治療は難しくなります。 専門の美容外科クリニックで、相談してみることをお勧めします。 肌の状態を見て、適切な治療を行います。 ニキビ跡に有効な治療法は、古い角質を除去するピーリングや、熱を与えてコラーゲンを作るレーザーがあります。 美容外科クリニックで、クレーター治療を開始することになっても、一回だけで治るということはありません。 ニキビ跡の改善の為には、数回通い続ける必要があります。